京都大学 植物病理学研究室
Laboratory of Plant Pathology, Kyoto University

新着情報

2021.9.28. 以下の論文を発表しました。

2021.9.28. 以下の論文を発表しました。

Singkaravanit-Ogawa S, Kosaka A, Kitakura S, Uchida K, Nishiuchi T, Ono E, Fukunaga S, Takano Y. Arabidopsis CURLY LEAF functions in leaf immunity against fungal pathogens by concomitantly repressing SEPALLATA3 and activating ORA59. (2021) The Plant Journal, in press.

2021.9.3. 以下の論文を発表しました。

2021.9.3. 以下の論文を発表しました。

Tsushima A, Narusaka M, Gan P, Kumakura N, Hiroyama R, Kato N, Takahashi S, Takano Y, Narusaka Y, Shirasu K. The Conserved Colletotrichum spp. effector candidate CEC3 induces nuclear expansion and cell death in plants. (2021) Frontiers in Microbiology, 12:682155

2021.8.23. 以下の論文を発表しました。

2021.8.23. 以下の論文を発表しました。

Matsumoto A, Schlüter T, Melkonian K, Takeda A, Nakagami H, Mine A. A versatile Tn7 transposon-based bioluminescence tagging tool for quantitative and spatial detection of bacteria in plants. (2021) Plant Communications, in press.

2021.6.29. 以下の論文を発表しました。

2021.6.29. 以下の論文を発表しました。

Iwakawa HO, Lam AYW, Mine A, Fujita T, Kiyokawa K, Yoshikawa M, Takeda A, Iwasaki S, Tomari Y. Ribosome stalling caused by the Argonaute-microRNA-SGS3 complex regulates the production of secondary siRNAs in plants. (2021) Cell Reports, 35:109300

2021.6.16. 以下の論文を発表しました。

2021.6.16. 以下の論文を発表しました。

Chen J, Inoue Y, Kumakura N, Mise K, Shirasu K, Takano Y. Comparative transient expression analyses on two conserved effectors of Colletotrichum orbiculare reveal their distinct cell death-inducing activities between Nicotiana benthamiana and melon. (2021) Mol Plant Pathology, In press.

to page top

研究室所在地
〒606-8502
京都市左京区北白川追分町
京都大学大学院 農学研究科
応用生物科学専攻 植物病理学分野
研究室 : 農学・生命科学研究棟2F西側
TEL : 075-753-6131
FAX : 075-753-6133