京都大学 植物病理学研究室
Laboratory of Plant Pathology, Kyoto University

新着情報

2019.5.28.

以下の論文を発表しました。

Isozumi N, Inoue Y, Imamura T, Mori M, Takano Y, and Ohki S. Ca2+-dependent interaction between calmodulin and CoDN3, an effector of Colletotrichum orbiculare. (2019) Biochemical and Biophysical Research Communications, in press.

Tsushima A, Gan P, Kumakura N, Narusaka M, Takano Y, Narusaka Y, and Shirasu K. Genomic plasticity mediated by transposable elements in the plant pathogenic fuungus Colletotrichum higginsianum. (2019) Genome Biology and Evolution, in press.

Shimada TL, Betsuyaku S, Inada N, Ebine K, Fujimoto M, Uemura T, Takano Y, Fukuda H, Nakano A, and Ueda T. Enrichment of phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate in the extra-invasive hyphal membrane promotes Colletotrichum infection of Arabidopsis thaliana. (2019) Plant Cell Physiology, in press.

Gan P, Tsushima A, Narusaka M, Narusaka Y, Takano Y, Kubo Y, and Shirasu K. Genome sequence resources for four phytopathogenic fungi from the Colletotrichum orbiculare species complex. (2019) Molecular Plant-Microbe Interactions, in press.

Hamada T, Mise K, Kiba A, and Hikichi Y. Systemic necrosis in tomato induced by a Japanese isolate of rehmannia mosaic virus in a temperature sensitive manner. (2019) Plant Pathology 68:1025-1032.

2019.5.1.

Carnation ringspot virusに関する以下の論文がVirus Researchに掲載されました。

Kaido M, Nagano H, Omote K, Mise K, Okuno T, and Takano Y. 5’-Terminal stem-loop of carnation ringspot virus RNA1 is required for the efficient amplification of viral RNAs. (2019) Virus Research 265:138-142.

平成31年度 日本植物病理学会大会

平成31年度 日本植物病理学会大会において、以下の発表をおこないました。

大竹竜馬・大矢卓明・市邊愛佳・嶋本果穂・寺石政義・海道真典・高野義孝・奥本 裕・三瀬和之 : Bromo mosaic virus(BMV)抵抗性に関わるイネNLRタンパク質RBM1によって認識されるBMV因子の同定

小林由佳・小内清・田中左恵子・加藤大明・海道真典・三瀬和之・寺内良平・高野義孝: シロイヌナズナによるウリ類炭疽病菌の認識とそれに伴う初期防御応答の分子機構研究

高田昌汰・三瀬和之・高野義孝・海道真典: Red clover necrotic mosaic virus (RCNMV)二本鎖RNAの感染植物細胞内の動態

Chen, J., Inoue, Y., Tanaka, S., Singkaravanit-Ogawa, S., Ohki, S., Kaido, M., Mise, K., and Takano, Y. : Studies on the plant recognition of the C-terminal region of the Colletotrichum orbiculare effector NLP1

徳野直人・井上喜博・田中冬樹・海道真典・三瀬和之・高野義孝: 根部接種におけるウリ類炭疽病菌とメロン実生の相互作用に関する研究

講談社ブルーバックス「植物たちの戦争:病原体との5億年サバイバルレース」(日本植物病理学会 編著)

講談社ブルーバックス「植物たちの戦争:病原体との5億年サバイバルレース」(日本植物病理学会 編著)が発刊されました。当研究室の高野教授も執筆に参加しています。

炭疽病菌のエフェクターNIS1に関する以下の論文がPNAS誌に掲載されました。

炭疽病菌のエフェクターNIS1に関する以下の論文がProc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.誌(米国アカデミー紀要)に掲載されました。

Irieda, H., Inoue, Y., Mori, M., Yamada , K., Oshikawa, Y., Saitoh, H., Uemura, A., Terauchi, R., Kitakura, S., Kosaka, K., Singkaravanit-Ogawa, S., and Takano, Y. Conserved fungal effector suppresses PAMP-triggered immunity by targeting plant immune kinases. (2019) Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 116:496-505.

to page top

研究室所在地
〒606-8502
京都市左京区北白川追分町
京都大学大学院 農学研究科
応用生物科学専攻 植物病理学分野
研究室 : 農学・生命科学研究棟2F西側
TEL : 075-753-6131
FAX : 075-753-6133